CCFL用電源

エアピュアでは、CCFL(冷陰極管)用の電源・インバーターの設計開発委託を行っております。

CCFLは液晶ディスプレイのバックライトや紫外線殺菌ランプ、照明などの用途で用いられてきました。

CCFLを点灯させるためには、高電圧を供給するためのインバーター回路が必要ですが、電圧や電流をコントロールして安定稼働させるためには、設計上の様々なノウハウが必要です。

弊社では、過去に紫外線とオゾンを活用した除菌防臭機器を多数製作してきました。また、大型店舗向けの看板用照明ユニットなどに用いるCCFL用電源の設計開発実績もあります。

CCFL(冷陰極管)用電源 仕様

用途に応じて、ワット数固定タイプや3~9Wまで変動可能なワット数フリータイプなどのCCFL電源をご提供できます。さらに、ランプを5段階で調光できるCCFL電源や、タイマー及び動作指定型のCCFL電源の設計開発も可能(特注品)です。

さらに、用途に応じた紫外線ランプの選定や出力計算、回路設計、モジュールの提供も行っております。

直管タイプ

ランプ電流(mA rms) ランプ電圧(V rms) ランプ電力(W)
20 170 3.5
20 300 6.0
20 350 7.0
20 400 8.0

U字管タイプ

ランプ電流(mA rms) ランプ電圧(V rms) ランプ電力(W)
10 300 3.0
20 300 6.0
20 350 7.0
20 400 8.0
20 450 9.0

CCFL電源 ワット数固定タイプ
CCFL電源 ワット数固定タイプ

CCFL電源 ワット数フリータイプ(3~9W)
CCFL電源 ワット数フリータイプ

特注品 CCFL電源調光型(5段階制御)
CCFL用電源

特注品 CCFL電源タイマー及び動作指定型
特注品 CCFL電源タイマー及び動作指定型

紫外線・オゾン応用機器の設計開発委託・OEM生産

エアピュアでは、過去に医療機関や食品工場など、食品医療衛生向けの除菌防臭機器を多数制作してきました。

その経験を活かして、自社製品の開発販売だけでなく、紫外線とオゾンを活用した小型除菌ユニットの設計開発や、除菌防臭機器の設計開発委託、機器の製造販売、OEM生産も行っています。

エアピュアの技術は、殺菌用紫外線ランプにオゾンを発生させる原理を追加して除菌効果を向上させ、合わせて脱臭効果も望めるようにしたところに特徴があり、アフターコロナの除菌ニーズにも対応できます。

組み込み用紫外線ランプユニットやモジュールの提供も可能です。

詳しくはこちら 紫外線・オゾン応用機器の設計開発委託・OEM生産