カムフォールド

カムフォールドは、フィルター交換が不要なフィルターレス方式の空気清浄機です。

カムフォールドの特徴は、フィルターを使わず、紫外線+オゾン+負イオンのトリプル効果によって、ウイルスや化学物質を除去できるところにあります。

一般的なフィルター式の空気清浄機は使っているうちにフィルターが劣化するため、一定の期間ごとにフィルター交換が必要ですが、カムフォールドはフィルターレス方式のため、フィルターに悪臭の原因となる物質が残らず、二次感染などの危険性もありません。

メンテナンスも交換用ユニットを取り替えるだけで、フィルターの洗浄や掃除は必要なく、メンテナンスの周期もフィルター式の空気清浄機より長くなっています。

さらに、部屋全体を殺菌できるオゾン放出モードもあり、1台2役の家電製品として使用できます。

フィルター式空気清浄機のデメリット

フィルター式の空気清浄機に使われているHEPAフィルターは非常に高性能なフィルターで、0.3μmの粒子を99.97%以上捕集することが可能です。花粉やクシャミの飛沫、空気中のウイルスにも対応できます。

しかし、一般的なHEPAフィルターは湿気に弱く、細菌やカビが繁殖しやすいため、定期的に交換をしないとフィルター内で細菌やカビが増殖して、悪臭の原因になります。

また、HEPAフィルターは単に空気中の粒子やウイルスを捕集するものであり、ウイルスを除菌・滅菌する能力はありません。

化学物質やタバコなどに含まれる有害物質(一酸化炭素など)も除去できません。

フィルターレスで空気清浄能力を維持

カムフォールドはフィルターを使わないフィルターレス方式のため、フィルターの劣化による空気清浄能力や除菌力の低下はありません。

空気清浄機に使われている一般的なHEPAフィルターは、およそ半年から1年程度が寿命といわれており、使い続けているうちに空気清浄能力がどんどん低下していきます。

最近の空気清浄機は、HEPAフィルターの寿命が10年となっているものもありますが、実際の環境ではフィルターがどんどん劣化して性能が落ちていきます。

カムフォールドはフィルターを使わないので、空気清浄機としての性能を落とさず、いつでも同じ除菌力を維持することができます。

HEPAフィルターではウイルスを捕捉し切れない

一般的なHEPAフィルターで捕捉できる粒子の大きさは、JIS規格で0.3µmとなっていますが、ウイルスの大きさはさらに小さな0.1µm程度であり、HEPAフィルターではウイルスを捕捉し切れません。

また、フィルターで捕捉したウイルスは、不活性化しないとそのまま残存します。

海外の査読制医学誌「The Lancet」によると、ウイルスは木材や布で最大48時間、プラスチックやステンレスでは最大72時間残存できるとされています。